ビジネスチャット「Chatwork」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatwork株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO:山本 正喜、以下、Chatwork)が運営する「Chatwork DX相談窓口」が、2021年4月20日のサービス提供開始から約18ヶ月で、累計相談件数14,000件を突破したことをお知らせします。

■ Chatwork DX相談窓口
https://dx-center.chatwork.com

Chatworkは、国内利用者数No.1*のビジネスチャット「Chatwork」を展開しており、メール、電話、会議にかわる次世代のビジネスコミュニケーションツールとして、企業の業務効率と生産性向上を支援しています。その中でも「Chatwork DX相談窓口」では「Chatwork」をはじめとして、さまざまな場面で中小企業のビジネスを効率化、DXを推進するサービスを紹介しています。

2021年4月20日の「Chatwork DX相談窓口」サービス提供開始以降、「Chatwork」ユーザーを中心とした多くの中小企業に対して、デジタル化・DXの推進から経営改善まで、課題に対する最適なソリューションを提案してきた結果、累計相談件数は140,000件を突破しました。(2022年10月7日時点)

これまでのサービス提供において徹底的な業務課題のヒアリングを行う中で、「手書きの出勤簿を大量に管理している」「毎日同じチェック業務に多くの時間と労力を割いている」といった業務効率化の課題や、「どのデジタルツールを利用すれば良いのかわからない」「デジタルツールを導入したものの使いこなせない」といった情報不足、IT人材不足による多くの課題が浮き彫りになりました。

また、サービス提供における提携企業においては、Chatworkが持つ強力なユーザー基盤に対して自社サービスを提案できることが大きな価値となり、提携企業数は35社を突破しました。(2022年10月7日時点)

2022年9月22日にはサービスサイトの大幅リニューアルを実施し、中小企業が抱える経営課題とDXソリューションのマッチングがより簡単に、わかりやすく検索できるようになりました。今後もより多くの中小企業の課題に向き合うため、さらなる提携企業・サービスの拡充や相談件数の増加を目指してまいります。

■紹介サービスの業務提携企業(一部)各サービスロゴ詰め合わせ2.jpg

■エンドースメント(五十音順)

株式会社PR TIMES 執行役員 Jooto事業部長 山田 真輔
Jootoは有料契約社数1,800社、350,000ユーザーにご利用いただいているクラウド型のタスク・プロジェクト管理ツールです。我々は仕事のあり方や仕事の進め方を変えたいと思っています。日本の99%以上を占めるSMB領域の相談が多く、なんとかソリューションを届けようと2021年9月にChatwork様と業務提携を結びました。その結果1,000件を超える接点を創出していただきました。これからもChatwork様と連携の上、仕事のあり方を良い方向に変えてまいります。

jinjer株式会社 代表取締役CEO 加藤 賢
中小企業を中心に、365,000社以上にご利用されている「Chatwork」ユーザーのプラットフォーム基盤に対して、「ジンジャー」の各サービスが、バックオフィス業務の効率化に寄与するソリューションとして、幅広く価値提供ができていることを大変嬉しく思います。これからもより一層多くの中小企業様に「ジンジャー」を提供し、圧倒的なスピードで社会課題の解決を進めてまいります。

今後も、当社のコーポレートビジョンである「すべての人に、一歩先の働き方を」の実現に向けて事業の拡大を目指してまいります。

■業務提携等に関するお問い合わせ
引き続き、業務提携パートナーを募集しています。こちらからお問い合わせください。
https://mpages.chatwork.com/PF-AL-form_contact.html?page=pf-al

* Nielsen NetView 及びNielsen Mobile NetView Customized Report 2022年5月度調べ月次利用者(MAU:Monthly Active User)調査。調査対象はChatwork、Microsoft Teams、Slack、LINE WORKS、Skypeを含む47サービスをChatwork株式会社にて選定。