楽しく創造的に活躍できる人材の創出


活動を通して達成する項目

  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 質の高い教育をみんなに

ゴールとKPI

2030年ゴール
一人ひとりがミッション・ビジョン・バリューを体現し、企業成長と自己実現につながる労働環境を実現している
2024年ゴール
企業の非連続成長を牽引する優れた人材を獲得し、自己成長の加速とチームパフォーマンスの最大化を支える労働環境を実現している
2030年KPI
  1. クレドアンバサダーによるバリューの啓蒙活動の実施
  2. エンゲージメントサーベイの実施
    (2023年度にエンゲージメントサーベイを実施した上で、ワークライフバランスの実現状況を測定するKPIを今後設定予定)

考え方と体制

人的資本経営にむけた基本的考え方

当社は、「働くをもっと楽しく、創造的に」というミッションのもと、人生の大半を過ごすことになる「働く」という時間を、生活の糧を得るという基本的な目的に留まらず、1人でも多くの人がより楽しく、創造性を存分に発揮できる社会の実現に貢献することを目指しています。しかし、このためには価値創造の担い手である従業員自身が「働くことを楽しみ、創造性を発揮できる」環境を実現する必要があると考えています。

そのため当社では、創業時より従業員一人ひとりの個性を尊重し、フラットで風通しの良い風土を育んできましたが、これを更に発展させ、ミッション・ビジョン・バリューを軸とした当社らしい組織づくりを進めています。

また、今後、飛躍的成長を実現するには、従業員一人ひとりの成長が源泉になるとの考えのもと、従業員のキャリアや成長機会を重視し、新しい技術・スキルを学べる機会を積極的に創造していきたいと考えています。
さらに、働くことを楽しむには、従業員が心身ともに健康であることが必要です。子育てや介護、自身の健康不良など、プライベートや働き方の変化があっても、全ての従業員が、安心して楽しく創造的に働き続け、自身が描くキャリアを実現できるように、一人ひとりのライフステージに応じて時間や場所に囚われない柔軟な働き方が選択できるように社内制度を整備しています。
これらの取り組みを通じて、当社のミッションと事業に共感する優れた人材が集い、最大限に能力と創造性を発揮する職場環境を実現することで、社会への価値創出を最大化し、それにより当社の持続的成長が可能になると考えています。

推進体制とマネジメント

当社は、CHRO(最高人事責任者)を責任者として、ピープル&ブランド本部内のHRBP&TA部※1、新卒採用部、PX部※2、労務部が人事機能をマネジメントする体制を整備しています。

※1 HRBP&TA部...Human Resource Business PartnerとTalent Acquisitionの略。人事観点とビジネス観点の両面で事業成長をサポートし、優秀人材の獲得から入社後定着支援といった役割を担う部署。
※2 PX部...People Experienceの略。従業員の組織の中での体験向上とカルチャー醸成といった役割を担う部署。

Chatworkの主な取り組み

当社は、社員一人ひとりがどのようなライフステージでも、継続的に働きがいを持ち成長し続けられるように、さまざまな制度や仕組みを導入しています。さらに定期的に見直しを行い、制度や仕組みのアップデートにも取り組んでいます。

人事評価・報酬制度

当社では、ミッション・ビジョン実現にむけて、役職や年齢に関わらず社員一人ひとりに事業を推進する上で期待する役割を定義・設定するミッショングレード制度を導入しています。これにより、社員一人ひとりに期待される役割を明確にし、明確な目標設定とそれに基づく自身の成長にむけた取り組みを促進しています。

表彰制度「Chatwork Award」

当社では、事業や組織に貢献した各個人やチーム・部門の功績を社員全員で讃え合い、喜び合い、感謝を伝え合うために、社内表彰制度「Chatwork Award」を設けています。「MVP」「ベストプロジェクト賞」「CXO賞」「ルーキー賞」「マネージャー賞」などを設け、それぞれの観点から事業や組織に貢献した個人や組織を表彰しています。個人だけでなく、チームや部門の貢献も評価されるため、組織単位でのモチベーション向上や生産性向上に寄与しています。

人材育成・組織開発にむけた取り組み「Chatworkバリューのアップデート」

当社では、"Chatworkらしさ"を言語化した「バリュー」を2015年に定めましたが、ミッション・ビジョンの実現にむけて大切にすべき価値観を明確化するため、2022年にバリューの見直しを行いました。
バリューの見直しでは、役員へのヒアリングと社員ワークショップを通じて、これからの当社グループにとって「Keep(残すべきもの)」「Lose(なくすべきもの)」「Add(獲得すべきもの)」の3つ観点から検討を行い、これらを元に新バリューのコンセプトを設計しました。その結果、「助け合う文化」「風通しの良さ」「遊び心/ユーモア」を残すと共に、「失敗を恐れずチャレンジする」「スピード」「変化を楽しむ」「社会的責任」に関わる要素を新たに追加・統合し、3つの要素からなるバリューにアップデートしました。

新バリューは、外部環境や経営および事業戦略が変化する状況においても、社員一人ひとりが日々の業務において価値判断基準の拠り所として立ち返る場所となるものであり、ミッション・ビジョンの実現にむけて役員・従業員一人ひとりの指針・原動力になると考えています。

大切にしている3つの価値観

バリュー体現にむけた支援制度

バリュー「速く学び、変わり続けよう」の実践にむけて、書籍購入費用やスキル・資格取得費用、社内勉強会にかかる費用など、従業員が主体的に学び続けるために必要な費用を補助するための制度を設けています。

エンゲージメント向上にむけた取り組み
ピアボーナス制度「Tipwork」

当社では、社員同士で「感謝」と「称賛」のメッセージと少額の報酬を共に贈り合える「ピアボーナス制度」を導入しています。この制度は、「Chatwork」と連携させ、日々のちょっとした出来事でも気軽に「感謝」や「称賛」のメッセージと共に贈ることができると共に、その様子が全社員が入っているグループチャットで共有・可視化していることで、ピアボーナス制度を活用した「感謝・称賛」のコミュニケーションが促進され、毎月1,000件以上のピアボーナスが贈られ、組織全体のコミュニケーションの活性化につながっています。また、組織内の良い取り組みが共有されることで、「模範となる行動」や「良い成果」が他の従業員の参考となることで、組織力やエンゲージメントの向上につながっています。

経営戦略と人材育成との連動「全社評価会議」

当社では、半期に一度、役員全員が集まり「全社評価会議」を実施しています。社員一人ひとりの成長やキャリア形成を支援するため、取締役及び各本部の管掌役員が集まり、人事部門主導のもとで半期の振り返りと社員の中長期的な成長支援の方針を議論します。これにより、全社および各事業の中長期的な成長を見据えて、そこに必要な人材像を見定め、企業および各事業の成長戦略と紐付く形で人的資本の拡充と人材育成に関わる中長期的な成長支援の方針を定決めることでができ、従業員一人ひとりに対し、具体的な成長機会の提供につなげています。

従業員とのコミュニケーション〜「1on1」ミーティング〜

当社では、上長とメンバーが1対1で週1回(30分〜1時間)行うミーティング「1on1」を実施しています。上長との相談しやすい関係性構築やメンバーが抱えている課題の解決、目標達成のための支援など、メンバーの成長支援を目的としています。
また、コロナ禍での全社員フルリモートの業務環境においても、上長が社員一人ひとりの心身の健康を把握するために「1on1」は重要な役割を果たしています。

従業員支援制度~入社後のオンボーディング支援「メンター・エルダー制度」~

入社者が、新しい職場環境に慣れ、早期にパフォーマンスを発揮してもらうために、導入研修の他にメンター・エルダー制度を設けています。既存社員がメンター・エルダーの役割を担い、業務理解やアンラーニングだけでなく、カルチャー理解や社内ネットワークの構築といった、入社者の早期立ち上がりに必要なニーズ・課題について入社日から3ヶ月間サポートを行う制度です。上長ではない既存社員がメンターやエルダー役を担うことで、入社者が困ったことやわからないことを気軽に相談できる環境を整えています。

オンボーディング支援 メンター・エルダー制度 入社後3ヶ月間、メンター・エルダーが1名ずつついてサポート

労働環境とワークライフバランス

従業員一人ひとりのワークライフバランス実現にむけて、時間や場所に捉われない働き方ができる労働環境の整備を進めています。
当社は、コロナ禍以前から全国各地にエンジニア社員が在籍し、フルリモートでの遠隔地勤務を実施してきました。また、職種制限のないフレックスタイム勤務制度を導入し、全社員が各個人のライフスタイルやワークスタイルに合わせて労働時間を決め、効率的な働き方を実践しています。

また、2020年にはコロナウイルス感染拡大防止のため、全社員を対象にフルリモート勤務を実施し、今までリモート勤務を経験していなかった社員も自宅での勤務を経験することになりました。そこで当社では、オフィスと同じ働きやすい労働環境を自宅でも整えてもらうために、従来から導入していた「最新デバイス制度」を「一歩先の働き方支援制度」へとアップデートしました。
この制度は、最新デバイスの購入補助に加えて、労働安全衛生法に基づき必要な在宅グッズの購入費用や、在宅環境を整えるための引越し費用を一部負担する制度で、在宅環境を整える支援を行っています。2023年1月からは、在宅環境の整備だけでなく、サテライトオフィス利用支援なども含めた「働く環境支援制度」にアップデートし、多様な働き方を実現するための支援を強化していく計画です。
これからも、私たち自身が「一歩先の働き方」を実践するため、社員一人ひとりの多様な価値観やライフスタイル、ワークスタイルに合わせて、働きやすい労働環境を実現することを通じて価値創造の源泉である人的資本の強化に取り組んでいきます。

※ 最新デバイス制度...iPhoneやAndroidスマートフォン、最新PCなど開発に必要な最新デバイス購入の費用を一部負担する制度

ワークライフバランス関連制度と利用実績

制度 概要 利用実績
※2022年12月末
職種制限のないフレックスタイム勤務制度 社員が始業・終業時刻、労働時間を決めることによって、⽣活と業務との調和を図りながら効率的に働くことができる制度
※当社はコアタイム10:00~16:00を設定
全社員(正社員のみ)
一歩先の働き方支援制度
(現・働く環境支援制度)
在宅環境をよくするために費用の一部を会社が負担 年間1,541件

労働安全と健康

当社では、毎月1回、衛生委員会を開催しており、「心身ともに健康で、安心安全に働ける労働環境」の実現を目指し日々の職場環境の改善に努めています。
特に、長時間労働の防止など労働時間管理にむけたアラートによる自己管理を重視しており、勤怠締めのタイミングを月2回に分け、半月のタイミングで労働時間の確認を行い、後半の半月で労働時間の調整を促したり、一定の残業時間を超えた社員に対して人事面談を実施するなど、決められた労働時間の中でパフォーマンスを発揮するための意識付けと支援を行っています。
また、法定である年次有給休暇の年5日の取得や健康診断の受診に関して、管理システムと「Chatwork」を連携させることで、取得していない社員や健康診断を受診していない社員に対して自動で通知を行う仕組みを構築しています。定期的なモニタリングや通知を行うことで、社員本人が労働時間管理や健康管理の重要性について意識を高め、計画的取得を支援しています。

人的資本に関わるその他のデータ

ESGデータのページをご覧ください。

ページ上部へ戻る