ビジネスチャット「Chatwork」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatwork株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO:山本 正喜、以下、Chatwork)は、2022年7月に「ビジネスコミュニケーション最新調査」を実施しました。

2022年「ビジネスコミュニケーション最新調査」(全文)
https://l.chatwork.com/pdf_ja_2022_business-communication-report

■調査背景
新型コロナウイルスの流行以降、テレワークやハイブリッドワークなどの活用で、日本人の働き方は大きく変化しました。それに伴い、ビジネスコミュニケーションのあり方も変化させていくべき過渡期に差しかかっていると考えます。そこで、その実態や意識について明らかにするため、一都三県の20歳代~50歳代の男女884名を対象に「ビジネスコミュニケーション最新調査」を実施しました。

■調査概要
調査名:ビジネスコミュニケーション最新調査
調査方法:インターネット
調査地域:東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県
調査期間:2022年7月29日~7月31日
調査対象:20歳代~50歳代の男女
回答総数:884名
調査主体:Chatwork株式会社
 ※本調査をご使用になる際は、『Chatwork株式会社「2022年ビジネスコミュニケーション最新調査」』と明記ください。

■調査サマリー
・ビジネスで普段利用しているコミュニケーションツールは「メール」が最も多く、次いで「電話」。
また、約半数の46.4%は「ビジネスチャット」を活用しており、約5人に1人はビジネスチャットをメインツールとして利用
・メールを送る際、ビジネスマナーの定型文として「お世話になっております」を利用しているのは約8割。
しかし、そのうち半数の人は"面倒"だと思っていることが明らかに
・メールでのビジネスマナーを面倒と思いつつ、やめられない理由No.1は「慣習だから」(68.6%)
・多くの人が慣習で行っているビジネスマナーも、メールを受信する側の約7割は「省略されても気にしていない」ことが判明
・「お世話になっております。」などの定型文は、1時間に5回程度送信している人が最多(54.7%)で、1日で最大81億2900万円の給与が「お世話になっております」のタイピングに支払われている計算に
メールの作業で最も多い失敗談は「ファイルの添付忘れ」で、約半数の人が失敗を経験。
また、4割以上の人が送信時のアドレスの入力や、過去のメール検索が面倒という回答に
・メールとチャットの印象では、送受信ともに メールは「丁寧/かしこまって感じる」、チャットは「気楽/身近に感じる」が約半数を占め、ツールによる印象の違いがはっきりと分かれる結果に

 

【2022年「ビジネスコミュニケーション最新調査」一部抜粋】

 ■メールを送る際、ビジネスマナーとして「お世話になっております。」を使用する人は約8割。しかし、そのうち半数の人は"面倒"だと思っていることが明らかに。これまで当たり前のように使用している挨拶や形式であっても、面倒なビジネスマナーと感じている人が多いことがわかりました。リリース使用画像作成用_ページ_04.jpg

■メールでのビジネスマナーを面倒と思いつつやめられない理由No.1は「慣習だから」。次いで、『社内の人から「失礼だと思われたくない」』(49.0%)が、『社外の人から「失礼だと思われたくない」』(42.5%)を上回る結果となり、面倒だと思っていながらも体裁のためにやめられないという葛藤が垣間見える結果となりました。

リリース使用画像作成用_ページ_05.jpg

■相手からそれぞれのビジネスマナーを省略された場合、"受け手として不快に思うか"を問う設問では、「不快に思わない」「あまり不快には思わない」を足すと、すべての項目で7割近くにのぼりました。多くの人が"省略されても気にしていない"ことから、体裁を気にして使用しているビジネスマナーは、ムダなビジネスコミュニケーションになっているのではないかと考えられます。リリース使用画像作成用_ページ_06.jpg

 ■「お世話になっております」などの定型文は、1時間に5回程度送信している人が最多(54.7%)で、1日で最大81億2900万円の給与が「お世話になっております。」のタイピングに支払われている計算に


※標準的と言われているタイピング"1分100文字"を基準に、定型文25文字として計算
※全国就業人口(*1)に本調査×メール使用率(本調査)×全国平均時給(*2)で換算
(*1) 2022年7月公表 総務省統計局:6759万人
(*2) 2021年10月1日発行 厚生労働省:930円リリース使用画像作成用_ページ_07.jpg

■メールとチャットの印象では、送受信ともに 「メール=丁寧/かしこまって感じる」、「チャット=気楽/身近に感じる」が約半数を占め、ツールによる印象の違いがはっきりと分かれる結果にリリース使用画像作成用_ページ_10.jpg

送信する側も受信する側もメールよりチャットの方がより気楽で身近に感じながら利用できることや、メールの非効率性も鑑みると、働き方の変化や使用するシーンによって、最適なコミュニケーションツールを選択できる環境づくりが必要ではないでしょうか。

2022年「ビジネスコミュニケーション最新調査」(全文)
https://l.chatwork.com/pdf_ja_2022_business-communication-report