ビジネスチャット「Chatwork」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatwork株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO:山本 正喜、以下、Chatwork)は、2022年5月19日よりBYOD*1事業に新規参入し、企業(法人・個人事業主)を対象として「Chatwork アプリフォン」の提供を開始することをお知らせします。

■「Chatwork アプリフォン」
https://pf.chatwork.com/cw-appliphone/

■「Chatwork アプリフォン」提供の背景
昨今の在宅勤務、リモートワークの急速な広がりに伴い、オフィスへの出社頻度は減少しています。そのため従来はオフィスの固定電話を連絡手段としていた内勤者も、リモートワーク先での連絡手段の確保が急務となっています。この様な背景から、オフィスの固定電話を廃止し、個人所有のスマートフォンを活用したBYOD*1の需要が拡大しています。

これらを背景に、柔軟で多様な働き方の実現および、中小企業の通信インフラコストの削減に貢献することを目的に、「Chatwork アプリフォン」を提供することとなりました。「Chatwork アプリフォン」の提供を通じて、日本の中小企業の生産向上に寄与してまいります。

■「Chatwork アプリフォン」サービス概要
①企業(法人・個人事業主様)向けにビジネス向け050番号を提供
社員のプライベート携帯1台の中で、ビジネス専用番号とプライベート番号の使い分けが可能
③初期費用、月額基本料金0円でビジネス向けの050電話番号の利用が可能
iOS/Androidどちらでも利用でき、最低利用期間なし・解約違約金なし

プライベート携帯にビジネス専用番号(050)を追加することで、1台で2通りの利用が可能です。企業にとっては、スマートフォン端末費用の削減や、管理工数の削減につながります。初期費用・月額費用*2は掛からず、通話料金*3のみが負担となり、解約違約金なし・最低利用期間なしで、会社の状況に応じて柔軟に利用できるサービスです

また、個人にとっては、個人番号を秘匿化できるほか、プライベート携帯とビジネス携帯の二台持ちの煩わしさから開放されます。

※サービスの詳細については、サービスサイトをご参照ください。
※本リリースの掲載情報は、2022年5月19日現在のもので変更になる場合がございます。

■中期経営計画における「Chatwork アプリフォン」の位置付け
Chatworkは、2025年以降にChatworkが中小企業のビジネスの起点となるプラットフォームになることを目指しています。その中で中期経営計画の戦略の一つとして、新サービスを含めたDXソリューション戦略を掲げています。このたびの「Chatwork アプリフォン」の提供は、2022年4月の「Chatwork Mobile」のリリースと同様に、DXソリューション戦略における自社開発での新規サービス立ち上げの一環となります。

今後は、顧客基盤や販売パートナー網を活かしながら、中小企業への通信インフラ構築のご支援を行い、ビジネスチャット「Chatwork」およびDXソリューション全般の支援へとつなげてまいります。

*1 Bring Your Own Deviceの略称。個人が私物として所有しているパソコンやスマートフォンを業務に使う利用形態を指す。
*2 別途、請求手数料が掛かる場合がございます。詳しくはHPをご確認ください。
*3 契約番号単位でユニバーサルサービス料金ならびに電話リレーサービス料金を請求させていただいております。