ビジネスチャット「Chatwork」(https://go.chatwork.com/ja/)を提供するChatwork株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO:山本正喜)は、日本プロサッカーリーグ(J2リーグ)のFC町田ゼルビアがChatworkを導入したことをお知らせいたします。


FC町田ゼルビアは、これまで社員間でのやり取りには、メールを中心とした複数のコミュニケーションツールを併用していました。しかし、複数のコミュニケーションツールを使用することで、コミュニケーションコストの増加や、業務管理が非効率になってしまう課題がありました。また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響からテレワークを中心とした働き方の需要が高まる中で、少人数でのクラブ運営やコミュニケーションを円滑におこなう必要がありました。

同クラブはこれらの課題を解決すべく、Chatworkを導入することで、コミュニケーションの統一を図り、テレワーク環境下でも事業スピードが落ちないコミュニケーション体系の整備と、少人数でもクラブ運営に支障が出ない体制を目指します。加えて、高いセキュリティ管理機能を備えているChatworkでシャドーITのリスクなどを回避していく方針です。また、FC町田ゼルビアを支えるオーナーの株式会社サイバーエージェントもChatworkを導入しているため、今後やり取りをおこなう上で、さらなるコミュニケーションの円滑化を推進していきます。

当社は、テレワークにも有効なChatworkの提供を通して、少人数でもクラブ運営が円滑におこなえる体制を構築できるよう支援するとともに、スポーツ業界における社内外のコミュニケーション円滑化や業務効率化に貢献してまいります。