合理的な理由があれば、やりたいことができる。こんな環境、ほかにないと思います。

モバイルエンジニア
宮下 竜大郎
ChatWork
入社まで

お客様の反応を求め、気持ちが転職に傾く。

私のエンジニアとしてのスタートは、国立大学の産学協同ベンチャーで始まりました。役割はWEBサイト制作、当時はまだ学生だったのでアルバイトの立場です。卒業後は、そのベンチャーに正式雇用してもらい、研究開発職に就きました。個人的にはWEBのようにお客様との距離が近い仕事を希望していたものの、まずは目の前の案件に没頭しようと決意。徐々に研究開発の魅力も理解していきました。
しかし同僚に「いまどんな仕事してるの?」と尋ねられることが多く、お客様以前に同じ社内にいても距離ができていることを痛感。次第に自分が作ったものに対して、「いろいろな声や反応が聞きたい」という想いが募り、社外へ出ようと考えるようになりました。さらに「せっかくなら世界で戦ってみたい、世界中から反響がもらえるサービスに携わりたい」という気持ちも手伝って、本格的に転職活動を始めました。

ChatWork
との出会い

会社を知るほど”ここしかない”と確信。

いくつかIT企業が候補に挙がったなか、面談したのはChatWorkだけです。チャットは古くから存在するアプリですが、それを業務用に仕立て直した着眼点に惹かれました。また私自身がチャットワークユーザーでもあったことも手伝い、以前から身近に感じていました。何より、自分の技術でお客様を喜ばすことができる。それこそ、私がずっと望んでいた仕事でした。
さらに運命を感じたご縁がありました。Titaniumの技術コミュニティで活動していたところ、そこにChatWorkのエンジニアも参加していたのです。それを知ってからは紹介を通じて面接、そして入社へと、トントン拍子。もともとChatWorkはTitaniumを業務に使っている会社として有名であり、私の得意分野を活かせると確信しました。「こんなに良い社員はいません、入れないと損ですよ」と、面接の場で熱く語ってしまったほどです(笑)。

今の仕事と
やりがい

将来性を見越し、前例のないチャレンジへ。

最初の1年はTitaniumを用い、iPhone版のチャットワークアプリを開発。完成後は同じくTitaniumでAndroid版の開発もスタートさせ、こちらは2014年の4月にリリースしました。そしてその直後、新しいプロジェクトを思い立ち、上長に打診。Android版を、Titaniumでなくネイティブに置き換えたいと申し出たのです。将来性を見越しての結論でした。
社内では前例のない領域、しかもTitaniumでのAndroid版は完成したばかりです。それをつくり直しますと言うのですから、常識的には取り合ってもらえないと思います。ところが、ChatWorkは違いました。上長は世界的に見た今後のAndroidプラットフォームや、より最適化されたアプリを素早く展開していくことの重要性を理解し、すぐOKが出たのです。
開発は思ったよりスムーズに進み、約半年後に無事リリース。会社からの表彰も受けました。本件は会社にインパクトを与える案件であり、決裁も難しかったと思います。しかし合理的な理由さえあればチャレンジが許され、結果が伴えば評価までしてもらえます。こうした社風には、すごく満足しています。

Android専任として、世界情勢を読みながら開発。

いまも引き続き、Android専任です。見た目には変化がないように思われますが、内部は先々を見越して改良しています。クラッシュのないストレスフリーの使い心地は守りつつ、次代につながる土台をつくる。それが現段階の私のミッションです。
ちなみにスマホはAndroidとiOSの2大陣営で競っているため、片方がバージョンアップをおこなうと、もう片方が追いかけるパターンが定着。機能追加の予測が当たると、エンジニアとしての進歩を実感します。
また技術のイベントにも参加するようにして、できるだけ前に立って話すようにもしています。すると、イベントの懇親会で声をかけていただくことも多くなり、自然と情報も多く入ってくるようになります。それにインターネット上では名の通ったエンジニアたちが、SNSで共通のワードを口にしていることもあり、そうした場合は先回りして調査をおこないます。ふだんは海外サイトやYouTubeの技術レビューをチェックしながら、世界の動向を読みとっています。

将来の夢

必要な技術を、必要なだけ提供できるエンジニアへ。

チャットワークはその開発において、お客様を絞らないスタンスです。技術者の目線で見ると、そこに面白さが集約されます。たとえば競合サービスでは、エンジニア向けの機能に偏っている部分も感じます。エンジニアの自分としては魅力的には映りますが、可能性の面から言えば、ターゲットを絞らない方が広がっていくことでしょう。Googleのように、市場の変化を受け入れながら進化していく、そんな姿をイメージしています。
さらに将来的にはパソコンやスマートフォン、タブレット以外への展開も想定され、そうなればエンジニアとしては腕の見せどころです。チャットワークに携わっていれば、チャレンジの場はいくらでもあると思っています。
一方で自分の未来ですが、どんな分野にいたとしても、「必要な技術を、必要なだけ提供できるエンジニア」が目標です。新技術は常に学ばなければなりませんが、その点でChatWorkは最適と言えます。アプリ開発の案件でも述べたように、合理的な理由と計画さえ用意できれば、前例のない案件でもGOが出る社風です。いまも、これからも、実にやりがいのある現場だと言えますね。

モバイルエンジニア
宮下 竜大郎

2013年2月入社/モバイルアプリケーションの開発を担当。産学協同のベンチャー企業でWEBサイトの制作に従事、その後、不動産情報サイトの研究開発部門にプログラマとして勤務。Titaniumのコミュニティを介してChatWorkのことを知り、「自分のスキルが完璧に役立つ」と確信したという。

エンジニアの募集要項を見る