次世代チャットワークの開発をリードしつつ、自らも成長しています。

Scalaエンジニア
加藤 潤一

ChatWork
入社まで

自分の足りない部分を実感、そこを埋める会社を探していた。

前職ではSNSを基盤とする事業会社で、ウェブサービスの新規開発に従事していました。もっとも労力を使ったのは、大規模サービスとしてスケールさせていく部分です。
あるとき、過去の経験を振り返ってみたところ、携わった案件はほぼ新規開発ばかりだと気づきました。そこで現行システムのリプレイスを手がけてみたいと考えるようになり、転職を思い立ちました。理想を追求するのが新規開発とすれば、現状をより良いものに変えていくのがリプレイスです。こちらはまったく違った技術力を問われます。
もともと私は一生かけて成長したいと思うタイプで、自分の余白を常に埋めるべく、行動して来ました。その思いが、新しい領域を求めたと言えるでしょうか。転職は、自分の中では自然な判断です。根底には、好きなことをやって仕事を楽しみたいというスタンスがあります。

ChatWork
との出会い

チャットワークの生みの親と面談、意気投合して入社へ。

新しい挑戦の場をどこにするか。幸いにもいくつかの企業からオファーをいただきましたが、特に目に止まったのがChatWorkでした。それまで私はScalaをよく使っていたので、そのスキルを活かせないか検索したところ、同社の技術ブログを見つけたのです。よく読んでみると、Scalaの導入は決めたものの、まだ扱いきれていない印象でした。そこで経験がある私がジョインすれば、なにか貢献できるのではと考えました。
ただ、直近で勤めていた会社とは分野がことなり、さらに自分の年齢も考えると、会社とのマッチングが心配になりました。そこでとりあえず、「興味があります」とアプローチしたところ、「すぐに会いたい」との返事。そして面接で初めてCTOに会いました。
CTOは、チャットワークの生みの親です。その人に対し、技術的な気づきを遠慮なく伝えたところ、話は予想外に盛り上がって意気投合。エンジニア同士、課題感や視点が一致したのです。これはもう、私が入ってやるしかない。そう確信して、入社にいたりました。

今の仕事と
やりがい

常に次世代のチャットワーク像を描きながら、自らも成長を目指す。

入社以来、一貫して次世代チャットワークの開発を担当しています。チャットワークは拡張性や保守などを考えた場合、限界が見え始めていました。そこでリニューアルプロジェクトが立ち上がり、私はそこのリーダーを務めることになったのです。
現状は品質と納期のバランスをどこで取るか、腐心しているところです。機能は既存システム以上、さらに各種APIとの連携までを想定。理想をめざすと言えば聞こえは良いですが、こだわりすぎるとリリースが不可能になってしまいます。けれども、常にサービスが進化し続けることでChatWorkの次なる飛躍が期待できます。
チャットサービスのようなリアルタイム系のサービス開発は過去に経験がいくつかありますが、難易度は個人的に高いと思います。技術戦略が広大で、さらにBtoB案件は初めてということもあり、ChatWorkであればエンジニアとして成長できると確信しています。

先輩として、リーダーとして、たくさんの学びがある。

この1年はアウトプットが中心で、技術的な余白を埋めるのはこれからです。一方でリーダーとしては、たくさんの学びがありました。エンジニアに限らずChatWorkの人材からは、ビジネスへの自覚・関心の強さ・責任感などが伝わってきて、素直にすごいと感じます。また、対面コミュニケーションを大切にしている姿にも好感が持てます。
私はエンジニアの先輩という立場でもありますが、若いエンジニアの話は積極的に聴くようにしています。ことなる視点や知見によって新たな気づきを得られることがありますが、これはキャリアとは無関係な場合があるからです。どんな人が相手でも、仕事や技術に対しては真摯かつ対等でありたいと思いますし、そうやってフラットに接することで相手の成長も促せると信じています。具体的に言えば、「いつでも相談に来ていいよ。でも、私の相談にも乗ってほしい」というスタンスです。この関係性こそが緊張感を生み、仕事を面白くすると考えています。

将来の夢

自分のやりたいことを、会社の未来と重ね合わせる。

ChatWorkが実現したいことを先読みし、研究開発につなげていく。これが先々のミッションです。一例を挙げればチャットの膨大なログを解析基盤に回し、マーケティングなどに役立てる。いわゆるビッグデータに紐づくプロジェクトが考えられます。またチャットワーク以外のプロダクト開発もあり得るでしょう。何をどう開発するにしても、要素技術の選択や組み合わせは、私の役割だと受け止めています。すべてを担当するのではなく、異分野の専門家との協業も考えられます。
研究開発のパフォーマンスは、個人のやりたいことと会社の方向性が一致してこそ高まります。特に長期にわたってモチベーションを維持していくためにも、自ら行動する姿勢は持ち続けようと意識しています。

新しいことに挑戦しながら、ロールモデルになっていく。

ChatWorkは、まだまだ発展途上です。新分野への取り組みは会社の使命であり、若くても未熟でも、軽んじられることはありません。もう少し補足すると、つまらない上下関係や、スキルを無視した異動などとは無縁です。これは恵まれた環境であり、ストレスフリーを求めてきた私も楽しく働けています。
最近では“チャットワーク”の単語を、Scalaカンファレンスで見かけるようになりました。私自身も含め、技術コミュニティで活躍するエンジニアも増えているので、企業イメージも向上し、ChatWorkのブランディングに役立っているようです。
止まったら生きていけない、それが私です。今後も、生涯にわたって挑戦を続けたいと思っています。そして、自らの働く姿で人をひきつけるロールモデルになる。さらに私だけでなく、ここで働くみんながロールモデルになっていける。そんなChatWorkにしていきたいですね。