チャットワークが
暮らしに根づく
未来に向けて。
技術を学び続けます。

フロントエンドエンジニア
吾郷 協
ChatWork
入社まで

フロントエンドの魅力に目覚め、その領域のプロに。

私がエンジニアになったのは、知人の起業がきっかけです。その人が立ち上げたWEB制作会社へ遊びに行っているうちに、プログラムの面白さに気づいたのです。徐々にそこでの仕事は増えていきましたが、常駐ではなく受託スタイル。フリーのような立場で働いていました。
その後、取引先の業務体制が変わり、私も次の会社へ。今度は社員エンジニアとしてJavaScriptを習得、フロントエンドを担当するようになりました。それ以来、一貫して同領域での開発に携わっています。ユーザーの反応を実感でき、自由度が高い。さらに他のエンジニアが書いたコードも読めるなど、フロントエンドには魅力がいっぱいあります。すっかり魅了された私は、その領域の仕事をしたいと強く思うようになりました。
結局、フロントエンドに関わり続けるために、再び転職。著名なインターネットメディア企業で新規プロジェクトの立ち上げに参加しました。そしてその案件が落ち着いた頃、もっと自分を活かせる仕事に就きたいと思い、情報収集を開始。ついにChatWorkにたどり着きました。

ChatWork
との出会い

チャットワークを自前で改良、技術を活かせると直感。

入社以前、私自身がチャットワークのユーザーでした。エンジニアにはよくある話だと思いますが、自分好みにチャットワークをカスタマイズしていました。手を加えたのは、得意とするフロントエンド回りです。このときツールの構造から、「フロントエンドのエンジニアが、そもそも足りないのかもしれない」という課題を感じました。自分なら表層的な部分だけでなく、もっと深いところから手伝える。次第にそうした思いが強くなり、いつしかChatWorkで働く自分をイメージするように・・・。また社会への影響力の大きさも、魅力的に映りました。ユーザーとの接点は、働く上でのテーマにもなっていたのです。
ちょうど前職のプロジェクトが一段落ついた時期でもあり、迷わずChatWorkに連絡。開発リーダーに話を聞いたところ、予想通り、私の技術を活かせると確信し、そこから先は面接を経てスムーズに入社となりました。

今の仕事と
やりがい

開発のためのツールを作成、チームを助ける。

入社して間もなく、フロントエンドの開発フローをヒアリングしました。そこで気づいたのは、“開発のためのツール”の必要性です。私は「こんなものがあったら業務がはかどるのでは?」と概要を提案。するといい感触を得たので実際に開発し、公開しました。現在、社内以外の人にも使っていただけます。(参照記事:ユーザプレビュー用ExtensionPlumberを公開しました)これによりフロントエンド部分の開発効率は、かなり上がったと自負しています。
あのチャットワークに触れ、自分の考えた機能を実装し、お客様に影響を与える。そうしたいまの業務は、個人的には大きな満足感につながっています。しかし開発ツールの一件では、また別の達成感を得られます。自分の横で困っている人がいて、その人を技術力で助けていく。その実践は、エンジニアとしての醍醐味と言えるでしょう。どんな人にどう使ってもらえるのかを推測して、課題解決に挑むこと。それは私の普遍のテーマともなっています。

将来の夢

一般の人に浸透させる、そのために何ができるか。

エンジニアではない一般のお客様に対して、“使える視点”を提供していく。それがフロントエンドエンジニアとしてのミッションだと考えています。これまでチャットワークの機能は、アーリーアダプター向けに開発されたものが多かったように思います。その状態を脱し、たとえば自分の親や親戚といった人たち、つまり特別なリテラシーを持っていない人へ浸透させるにはどうしたらいいか。そしてユーザーとなってもらった後、その人たちの暮らしをどう改善していくべきなのか。この問いに答えられたとき、チャットワークは日本中に広まっていることでしょう。
これは社長の持論でもありますが、「ふつうの人の効率を変えてこそ、世の中が変わる」。その理念を、私が率先して実現していくつもりです。

自分の好きな仕事より、世の中の未来を優先したい。

ChatWorkはいま、変わる準備が整ったところです。変わることを楽しめる人ならば、活躍の場はたくさんあります。私としては、仮に大好きなフロントエンドの担当を外れたとしても、それで世の中が進歩するならかまわない。そう思うようになりました。新しい領域ではスキル的に下位になるかもしれませんが、自分のエゴより全体の発展が大切です。そもそもチャットワークはユーザーの欲求が顕在化しておらず、方法論も無数。この先、どんな技術を必要とするか、読み切るのは困難です。そうした中で領域を限定せず、しなやかに対応できるエンジニアでありたい。それが私のめざす、新しいエンジニアの姿です。

フロントエンドエンジニア
吾郷 協

2014年10月入社/WEBのフロントエンドJavaScriptを担当。WEBベンチャーで受託開発などを経験後、IT系の制作会社を経て、ソーシャルゲーム大手の開発会社へ。フロントエンド領域を中心に幅広いプロジェクトに従事。登壇や執筆歴も多数。

エンジニアの募集要項を見る